落としたときこそ落ち着いて対処すること

JDF大阪ふくしま水道

便器に物を落下させてしまった時の対処

便器の排水中にうっかりと物を落下させてしまうと慌ててしまいがちです。大丈夫だろうと思い、再び、便器に洗浄水を流すと大惨事になってしまうことがかなり多くあります。
そんな場合にはすぐに排水口の中に手を突っ込んで拾い上げられる状態でしたら拾い上げれば問題ありません。その時には、感染症対策もありますし、拾い上げた手と一緒に消毒を必ずしてください。

出張対応地域紹介
枚方市 寝屋川市 茨木市 豊中市 高槻市
吹田市 摂津市 箕面市 守口市 門真市

上記のように運が良く解消することもできる場合もありますが運悪く便器の排水口あたりまで落ちてしまうかもしれません。そうなると衛生面の問題で躊躇ってしまうものです。 衛生面をカバーしながら拾い上げる方法がありますのでご紹介しておきます。
●流さないための対処
便器から異物を流してしまった場合には、「トイレの水を流さない」ことが大切です。
流せばもちろん落としたモノも一緒に排水経路の奥の方に流れて行ってしまいます。誤って落とすものは人によってそれぞれですが身につけているものですから、流してしまうと便器が詰まるなど悪影響を及ぼしてしまうことがほとんどです。
また、流れて行ってしまったモノは、排水経路に引っかかってない限り手元に戻ってくることはほぼありません。また、雑居ビルなどの場合には、排水経路が長くどこに残存しているかも判別不能になってしまうことがあります。
このようなことにならないためにトイレタンクのレバーに触らないようにして不安でしたら止水栓を閉めてしまいましょう。
一般的なケースとしてのご案内となってしまいますが、誤って便器から排水してしまった物につきましては、再度、洗浄水を流さなければように取り出すこともできますし回収することもできます。
何度も洗浄水を流すことによって物も奥の方に移動していき、どこにあるかということも判別ができないケースもあります。どうしても落下させてしまった物を回収したのであれば、管内カメラを使って調査することもできます。しかし、下水管まで流れて行ってしまって取り出すことが不可能なることもあります。
このようなことにならないためにも、誤って便器に物を落とした時には、水道業者に相談をして対処策を教えてもらうと言ったことが望ましいでしょう。

電話無料相談

料金表

修理受付