飲食店や商業キッチンでの必須装置

JDF大阪ふくしま水道
水道修理依頼があるグリストラップやトイレの排水詰まり所見
吹田市の飲食店において、グリストラップやトイレの排水詰まりが多く発生する原因と所見について一般的な情報を提供しますが、具体的な状況や建物の設備によって異なる場合がありますので、一般的な傾向としてご参考ください。
グリストラップの詰まり
飲食店では調理過程において油脂が大量に排出されるため、グリストラップの詰まりが起こりやすいです。以下は一般的な所見です。
油脂の蓄積: グリストラップ内に油脂が蓄積し、徐々に詰まりを引き起こします。
排水の遅れや異臭: グリストラップが詰まると、排水が遅くなったり、異臭が発生することがあります。
グリストラップの詰まりに対処する際には、専門の業者に依頼することが重要です。業者はグリストラップを点検し、詰まりの程度を確認した上で、専用の工具や高圧洗浄機を使用して詰まり物を除去します。

トイレの排水詰まり
飲食店のトイレでは、使用者が多いため、トイレットペーパーや異物が流れ込むことで排水詰まりが発生することがあります。以下は一般的な所見です。
トイレットペーパーの詰まり: トイレットペーパーが詰まりの主な原因となります。大量のトイレットペーパーが流れ込むことで、排水管が詰まる可能性があります。
異物の流入: トイレには誤って流れ込んだ異物が詰まりの原因となることがあります。
トイレの排水詰まりに対処する際には、以下の手順が一般的に行われます。

●詰まりの原因特定: トイレの詰まり原因を特定し、詰まりの程度を確認します。
詰まり物の除去: 詰まりの原因となる物質を専用の工具や水圧を使って取り除きます。

グリストラップの仕組みについて


厨房のグリストラップは、キッチンで発生する油脂や食べ物の廃棄物を取り除くための装置です。これは、排水システムや下水道への油脂の流入を防ぎ、環境への悪影響を軽減する役割を果たしています。以下に、グリストラップの基本的な仕組みについて説明します。

入口: グリストラップには、キッチンからの排水が流れ込む入口があります。この入口では、排水中の油脂や食べ物の固形物が含まれています。
油分離: グリストラップ内では、水と油脂は分離されます。これは、グリストラップ内で水が静止している間に、油脂が浮かび上がり分離することによって行われます。油脂は軽いため、水よりも浮きやすい性質があります。
固形物の捕捉: 油脂が分離された後、グリストラップは残りの水と食べ物の固形物を処理します。これらの固形物は、特定の構造やフィルターを使用して捕捉され、排水の中から除去されます。
出口: 最終的に、処理が終わった水がグリストラップを通り、出口を通じて下水道や排水システムに流れ出ます。この段階では、油脂や固形物が水と分離されており、下水道への影響が最小限に抑えられます。

グリストラップは、厨房の排水システムを清潔で効率的に保つために重要な装置です。特に、大量の油脂や食べ物の廃棄物が発生する飲食店や商業キッチンなどで使用されています。



修理受付