専門用語:「な」で検索可能なリストと詳細

JDF大阪ふくしま水道

「な」から始まる水道用語

波立遮蔽版
「波立遮蔽版」(はたてしゃへいばん)は、一般的には「波止遮蔽板」とも呼ばれ、海岸や港湾などの水辺の場所で使用される構造物の一つです。以下に、波立遮蔽版の基本的な説明を示します:

●用途
波立遮蔽版は、波の力や風の影響を和らげるために使用されます。特に、波が高い海岸や港湾、河口、河川口などの水辺エリアで使用され、船舶や岸壁、浜辺の施設を波浪から保護します。
●構造
波立遮蔽版は一般的にコンクリートや鋼鉄などの頑丈な素材で作られています。その形状は、波を遮るために波を分散または減衰させるように設計されています。一般的な形状には、波を吸収し、エネルギーを分散させる特徴的な波形があります。
●効果
波立遮蔽版は、波の高さを低減し、波浪のエネルギーを吸収または反射させることで、海岸線や港湾の施設を保護します。これにより、港湾施設への船舶の影響を軽減し、浜辺や周辺地域への洪水や侵食のリスクを低減させます。
●種類
波立遮蔽版にはさまざまな種類があり、設計や用途に応じて異なる形状や機能を持つものがあります。代表的なものには、防波堤、波消しブロック、浸透堤、浸透式防波堤などがあります。
●保守
波立遮蔽版は、長期間にわたって波の影響に晒されるため、定期的な点検、保守、修復が必要です。風化や損傷を防ぐため、適切な保護措置が講じられることが重要です。

波立遮蔽版は、水辺の施設や地域への保護を提供し、海洋工学や土木工学の分野で幅広く使用されています。設計と適切なメンテナンスにより、水辺エリアの安全性と持続可能性を向上させる役割を果たします。



内水
「内水」は、地理学や環境学の文脈で使用される用語で、陸地上に存在する水域を指します。内水は、陸地に囲まれた湖、川、池、湿地、河川、運河、貯水池など、陸地上にある水の体系を包括します。以下は、内水の特徴といくつかの例を紹介します:

●内水の特徴
・内水は、陸地に囲まれた水域であるため、海洋水域とは対照的です。これは、陸地の内部に位置し、淡水または塩水であることがあります。
・内水は陸地の気候、地形、地質に影響を受け、さまざまな形状やサイズを持つことがあります。
・内水域は、生態系において重要な役割を果たし、生態多様性や水資源の供給に寄与します。
・内水は、農業、産業、飲料水供給、レクリエーション、生態系の保護など、さまざまな用途に利用されます。
●内水の例
・湖; 内水の中でも大規模な水域であり、深い淡水または塩水を含むことがあります。有名な湖には、アメリカの五大湖、ロシアのバイカル湖、カナダのグレートベア湖などがあります。
・川; 陸地上を流れる淡水の流れで、多くの場合、山地や丘陵地帯から源を得ます。有名な川には、ナイル川、アマゾン川、ミシシッピ川などがあります。
・湿地; 湿地は、内水域の一種で、湖、池、川などと接しており、多くの水草や水鳥が生息する生態系です。例にはエバーグレーズ湿地(アメリカ)やオカバンゴ・デルタ(ボツワナ)があります。
・貯水池; これは人工的に造成された内水域で、水供給、洪水調節、発電、灌漑などの目的で作られます。例にはフーヴァーダム(アメリカ)、アスワンダム(エジプト)などがあります。

内水域は、人類にとって重要な資源であり、適切な管理が必要です。水質の保護、持続可能な水資源管理、生態系の保護などが内水域に関する重要な課題です。


電話無料相談