用語データベース:「き」の提供

JDF大阪ふくしま水道

「き」から始まる水道用語

逆止弁
逆止弁(英 Check Valve)は、液体や気体の流れを一方向に制御するための弁(バルブ)の一種です。主な目的は、流体が一方向に流れることを許可し、逆流を防ぐことです。逆止弁は、さまざまな産業分野やアプリケーションで使用され、以下にその主な特徴と種類を説明します。

●主な特徴
・逆流防止; 逆止弁は、液体や気体が一方向に流れることを許可し、逆流を防ぎます。これにより、システム内で不必要な逆流やバックフローが防止されます。
・自動動作; 逆止弁は通常、外部の制御を必要とせず、流体の圧力に応じて自動的に開閉します。流体が一方向に流れるときは弁が開き、逆流を防ぐときは弁が閉じます。
・多様な設計; 逆止弁にはさまざまな設計があり、球型、ダイアフラム、スイング、リフトアップ、バルブ式などがあります。適切な設計は特定のアプリケーションに依存します。

●主な種類
・ボール型逆止弁; ボール型逆止弁は、球がシートに押し当てられて流れをブロックする設計です。液体または気体が逆流しようとすると、ボールはシートに押し当てられて閉じ、逆流を防ぎます。
・ダイアフラム型逆止弁; ダイアフラム型逆止弁は、弾性のあるダイアフラムが流体の圧力によって変形し、流れを制御します。逆流を防ぐためにダイアフラムが閉じます。
・スイング型逆止弁; スイング型逆止弁は、流体が一方向に流れるときに自由に開き、逆流を防ぐために自動的に閉じる設計です。一般的に、垂直または水平のパイプラインに使用されます。
・リフトアップ型逆止弁; リフトアップ型逆止弁は、流体が逆流しようとすると、バルブがリフトアップして通路を閉じる設計です。一般的に大容量のアプリケーションで使用されます。

逆止弁は、配管システム、ポンプ、圧縮機、蒸気システム、冷却システム、水道設備、化学プラント、石油・ガス産業など、さまざまな用途で重要な役割を果たしています。逆止弁はシステムの効率性、安全性、および信頼性を向上させるために不可欠なコンポーネントです。



給水管
給水管は、建物や施設に水を供給するためのパイプまたは管のシステムを指します。これは飲料水、使用水、消火水、冷却水、プロセス水など、さまざまな目的で使用される水を提供します。給水管の説明には以下の要点が含まれます:

●材質
給水管はさまざまな材質で製造されています。一般的な材料には鉄、銅、プラスチック(PVC、PEXなど)、ステンレス鋼などがあります。選択される材料は、用途、環境条件、耐久性、コストなどに応じて異なります。
●サイズと直径
給水管のサイズと直径は、供給される水の量に合わせて選択されます。大規模な建物や施設では大口径の管が必要ですが、一般的な住宅では比較的小さな管が使用されます。
●設計と配置
給水管は、建物内外に配置され、必要な場所に水を供給します。配管システムは、建物内で水が必要な各部屋に水を供給し、外部で供給源(水道管、井戸、貯水槽など)から建物に水を引き込みます。
●接続とバルブ
給水管は、バルブやフィッティングを使用して他の配管システムや設備と接続されます。バルブは水の流れを制御し、必要に応じて給水を遮断または調整するために使用されます。
●保守と点検
給水管の保守と点検は、システムの効率性と安全性を維持するために重要です。漏れ、腐食、圧力の問題など、問題が発生した場合には修理や交換が必要です。
●水質と浄水
給水管は水質を保つために浄水処理システムと連動しています。浄水処理は水中の不純物や汚染物質を除去し、安全な飲料水を提供します。
●水圧制御
給水管は適切な水圧を維持するために設計されます。適切な水圧は、シャワー、蛇口、トイレなどの設備が適切に動作するために重要です。

給水管は、建物の基本的なインフラストラクチャーであり、生活に欠かせないものです。安全な飲料水供給と使用水の提供に寄与し、生活、産業、商業、農業など多くの分野で重要な役割を果たしています。給水管の設計、保守、点検が適切に行われることで、効率的で信頼性のある水供給が確保されます。



給湯管
給湯管(きゅうとうかん、英 Hot Water Supply Pipe)は、建物内で温水を供給するためのパイプまたは管のシステムを指します。これらのパイプは、洗面台、シャワー、浴槽、台所の蛇口、ボイラー、給湯装置などから温水を配信します。給湯管の説明には以下の要点が含まれます:

●材質
給湯管はさまざまな材料で製造されています。一般的な材料には銅、PVC、PEX、ステンレス鋼などがあります。材料の選択は、用途、温度、耐久性、コストなどに応じて異なります。
●サイズと直径
給湯管のサイズと直径は、建物のサイズや使用量に合わせて選択されます。大規模な建物や多くの水道設備を供給する場合には大口径の管が必要です。
●設計と配置
給湯管は、建物内外に配置され、必要な場所に温水を供給します。配管システムは、温水を必要とする各部屋や設備に供給するために設計されます。
●給湯装置
給湯管はボイラー、温水ヒーター、給湯装置などの熱源に接続されます。これらの装置は水を温め、給湯管を通じて温水を配信します。
●絶縁と保温
給湯管は適切に絶縁材料で包まれることがあり、温水の熱損失を最小限に抑えます。これにより、エネルギー効率が向上し、給湯コストが節約できます。
●保守と点検
給湯管の保守と点検は、システムの効率性と安全性を維持するために重要です。漏れ、腐食、結垢、圧力の問題など、問題が発生した場合には修理や交換が必要です。
●温水供給
給湯管は、温水供給に寄与し、シャワー、蛇口、洗濯機、食器洗い機など、さまざまな用途で温水を提供します。安全な温水供給は生活の快適さに欠かせません。

給湯管は、建物内での快適な生活と生活施設の運用に不可欠な役割を果たします。適切な設計、保守、点検が行われることで、効率的な温水供給が確保され、エネルギーコストの削減や施設の安全性向上に寄与します。


電話無料相談