水道修理のプロが使う用語一覧

JDF大阪ふくしま水道

水道用語を知ることで非常時に有益な情報を得る

水道用語を知ることは、緊急時に効果的かつ迅速な対応を可能にします。以下は、一般的な水道用語とそれに関連する緊急時の対応についての詳細な情報です。

メインシャットオフバルブ:
定義 メインシャットオフバルブは、建物や住宅の水供給を全体的に制御するバルブです。
緊急時の利用 水漏れや異常な水圧が発生した場合、まずはメインシャットオフバルブを閉じて水供給を止めます。通常、建物の地下や外部に配置されています。
フラッパーバルブ:
定義 トイレの水タンク内にある、水を流すためのバルブ。
緊急時の利用 フラッパーバルブが正しく閉じない場合、水漏れが発生する可能性があります。フラッパーバルブの調整や交換が必要です。トイレがつまっている場合も、フラッパーバルブの動作を確認します。
ガス給湯器:
定義 給湯器は水を温めるためにガスを使用する装置。
緊急時の利用 給湯器が正常に機能しない場合、ガス供給や点火装置の問題が考えられます。専門家に連絡する前に、ガス給湯器の点検と必要に応じた再点火を行います。
圧力調整器:
定義 水道の圧力を調整するための装置。
緊急時の利用 水圧が異常に高い場合、配管や設備に損傷を与える可能性があります。圧力調整器の調整や交換が必要です。逆に、低い水圧の場合は、供給元の弁を開いて水圧を上げます。
パイプクランプ:
定義 パイプクランプは、パイプを支持するためのクランプであり、配管の固定や補強に使用されます。
緊急時の利用 パイプが破損した場合、パイプクランプを使用して一時的な修理を行います。これにより、漏れを最小限に抑え、修理が行われるまでの間、水の供給を続けることができます。
ドレンパン:
定義 ドレンパンは、洗濯機や給湯器などの設備から漏れた水を受けるための浅いパンです。
緊急時の利用 ドレンパンが設置されている場合、水漏れがあった際に床や構造物への被害を最小限に抑えることができます。
バックフロー防止装置:
定義 バックフロー防止装置は、水が逆流して清浄水源に汚染が広がるのを防ぐための装置。
緊急時の利用 バックフローが検出された場合、装置の点検と修理が必要です。逆流を許してはいけない特定の設備には、バックフロー防止装置が法律で必要とされています。
PEXパイプ:
定義 PEXは、ポリエチレンから作られた柔軟で耐久性のある配管材料。
緊急時の利用 PEXパイプは切り替えや交換が比較的容易です。緊急時の応急処置として、PEX製の配管を使用して損傷した部分を置き換えます。
メーターボックス:
定義 メーターボックスは、水やガスのメーターを保護するための箱。
緊急時の利用 メーターボックスは、メーターや配管が凍結から守られるように設計されています。寒冷地域では、冬季に配管が凍結しないように対策を講じることが重要です。
水漏れ検知器:
定義 水漏れ検知器は、水漏れが発生した際に警告を発する装置。
緊急時の利用 水漏れ検知器は、水漏れを早期に検知して通知するため、被害を最小限に抑えるのに役立ちます。配置場所や正常な動作の確認が必要です。

これらの水道用語と対応策を知ることで、水道トラブルに迅速に対応し、被害を最小限に抑えることができます。ただし、安全を最優先に考え、プロの助けが必要な場合は専門家に連絡することをお勧めします。


電話無料相談