温度差によって発生する結露

JDF大阪ふくしま水道

便器やタンクの結露対策について

古いトイレで起こりやすい傾向にあるのが結露です。新しいトイレで結露が起きないというわけでもありませんが、現在の便器やトイレタンクに防露処理がされているものが多いため、防露処理されていない製品よりかはけっつどが発生しにくくなっています。
現在のトイレには、トイレタンクの内側に結露を防ぐ効果がある防露剤が装備されていたり、便器に防露のためのコーキングがされています。しかし、防露処理されていない製品であったり古いトイレには、そのような処理がされていない物や経年で防露のコーキング効果が劣化しているということが多いのです。
このような場合には、結露対策として有効性があるのは、あらためて防露コーキングをするか便器とタンクのセット交換をするという方法です。防露コーキングは業者に依頼すれば施工してもらえることができます。

高圧洗浄 トイレの水漏れ解決
修理実績
蛇口の交換施工 密結パッキンの腐食

また、トイレのリフォームとなると予算的に厳しいと感じるかもしれませんがトイレのリフォームに期間限定で補助金が支給されています。定められた条件を満たしている必要がありますが市販している製品で以下の条件をクリアしていれば補助金が支給されますのでご紹介しておきます。
・バリアフリーのためのリフォーム
・節水トイレへの変更
詳細は、各自治体か量販店で確認が必要となりますが、上記のいずれかの条件にあてはまる環境であれば補助金の申請が可能となります。
バリアフリーは介護保険に関わるので、すべてのご家庭で可能になるわけではありません。しかし、節水トイレに関する条件であれば多くのご家庭が該当することでしょう。節水効果が高いトイレは、スタンダードモデルで多く市販されています。防露に関しても相談できますので結露効果と節水効果を同時に解決できることもできそうです。
ただし、全額補助と言えませんので補助される金額につきましたは、購入時に各自でご確認下さい。

排水が水漏れしてくる トイレが詰まった修理施工
大阪府
トイレタンク部品交換修理 天井からの漏水


料金表
修理受付