温度差によって発生する結露

JDF大阪ふくしま水道

便器やタンクの結露対策について

古いトイレで起こりやすい傾向にあるのが結露です。新しいトイレで結露が起きないというわけでもありませんが、現在の便器やトイレタンクに防露処理がされているものが多いため、防露処理されていない製品よりかはけっつどが発生しにくくなっています。
現在のトイレには、トイレタンクの内側に結露を防ぐ効果がある防露剤が装備されていたり、便器に防露のためのコーキングがされています。しかし、防露処理されていない製品であったり古いトイレには、そのような処理がされていない物や経年で防露のコーキング効果が劣化しているということが多いのです。
このような場合には、結露対策として有効性があるのは、あらためて防露コーキングをするか便器とタンクのセット交換をするという方法です。防露コーキングは業者に依頼すれば施工してもらえることができます。

また、トイレのリフォームとなると予算的に厳しいと感じるかもしれませんがトイレのリフォームに期間限定で補助金が支給されています。定められた条件を満たしている必要がありますが市販している製品で以下の条件をクリアしていれば補助金が支給されますのでご紹介しておきます。
・バリアフリーのためのリフォーム
・節水トイレへの変更
詳細は、各自治体か量販店で確認が必要となりますが、上記のいずれかの条件にあてはまる環境であれば補助金の申請が可能となります。
バリアフリーは介護保険に関わるので、すべてのご家庭で可能になるわけではありません。しかし、節水トイレに関する条件であれば多くのご家庭が該当することでしょう。節水効果が高いトイレは、スタンダードモデルで多く市販されています。防露に関しても相談できますので結露効果と節水効果を同時に解決できることもできそうです。
ただし、全額補助と言えませんので補助される金額につきましたは、購入時に各自でご確認下さい。

和式から洋式へのトイレリフォーム概算費用
和式から洋式へのトイレリフォームの概算費用は、以下の要素によって異なります:

・トイレ本体の交換費用: 洋式トイレ本体の価格には幅があります。一般的な洋式トイレの価格帯は、10,000円から50,000円以上となります。
・便座の交換費用: 洋式トイレには便座も含まれます。便座の価格は、一般的に5,000円から20,000円程度となります。
・工事費用: 和式から洋式へのトイレリフォームには、既存の配管の取り外しや新しい配管の設置、床や壁の修繕、トイレ周辺のタイルの交換などの工事が必要です。工事費用は、リフォームの規模や現状によって異なりますが、一般的には20,000円から100,000円以上となることがあります。
・その他の費用: トイレリフォームには、配管部品や取付具、工具などの購入費用も発生します。また、リフォームに伴う廃材処理やクリーニング費用も考慮する必要があります。

以上の要素を考慮すると、和式から洋式へのトイレリフォームの概算費用は、合計で50,000円から200,000円程度となることが一般的です。ただし、具体的な費用はリフォームの内容や地域によって異なるため、実際の見積もりを依頼することが最も確実です。

修理受付
当社では、トイレ、キッチン、洗面台、お風呂などの水まわりの水道修理や各種水廻りリフォームや改修工事も承っております。水廻りで様々な問題がありお悩みの時には、電話無料相談も実施しっていますのでご利用ください。、また、水道修理だけでなくトイレ交換や蛇口交換などの交換工事にも対応しています。また、水まわりの修理だけじゃなく小規模~大規模リノベーション工事もすべて昼夜対応で行うことができます。TOTO/LIXILなど各種メーカー取り揃えていますので、お客様のご希望に合わせたご要望や高い機能と性能を備えた最新の設備で快適な暮らしをお手伝いいたします。<br>
<br>