台所の排水を詰まらせないために予防する

JDF大阪ふくしま水道

台所の排水詰まりを未然に防ぐ対策

台所の排水つまり日本で一番多いのがグリースによる排水経路の流れを妨げる原因となっていることが多く、詰まらせてしまうと解消するのに大変な作業となってきます。そうならないためにも排水詰まりを起こさせないための予防が重要なポイントとなります。
ホウ砂で推奨しているのは洗い物が終わった時は必ず OK 一杯の水を排水口に向かって流すということをご紹介しています。この方法でしたら、簡単にできるので毎日の習慣にしておくことを推奨します。また、下記でいくつか予防方法をご紹介しておきます。

食べ物カスや油分を排水口から流さない
台所のつまりの原因として一番多いのが、油が固まり排水経路上に蓄積して流れを妨げて詰まってしまうことです。蓄積した油の上に食べものの細かいカスが付着して排水つまりを引き起こしていきます。
特に、カップラーメンの残り汁も油分ですので、排水詰まりの原因になるので注意しましょう。また食器についた油汚れもつまる原因になってきます。
お湯を流す
油汚れや洗剤のカスは、排水管のなかで徐々に冷えて固まる性質で詰まる原因となります。そこで排水管に油汚れを固まらせないということが、上記でご紹介した通り蓄積させないようにすることが重要になってくるのです。
重曹とお酢を使い洗浄
台所の排水経路や排水管の清掃で役立つのが重曹とお酢を使った洗浄方法です。排水バスケットやトラップをすべて取り外して洗う時に一緒にできる方法なので同時施工がよいでしょう。重曹とお酢を混ぜ合わせた溶液を排水口から流して1時間程度放置して50℃くらいのお湯を流すだけで予防することができます。手間がかかる場合には、パイプ洗浄剤を使っても良いでしょう。
排水キャップを外している時には十分気をつける
排水バスケットやトラップを外している時に排水口からスポンジや歯ブラシを落としてしまって詰まらせてしまうということが少なくありません。固形物を排水溝や排水管に落としてしまうと、自力解決できない場合が大多数です。

排水管がつまる原因とは?

排水管の詰まりの原因の主が汚れです。流し台やシンクの排水には油汚れと食器用洗剤の成分が含まれていて目の届かない排水管の奥深くで固着して塊となり排水経路を徐々に塞いでしまうことで発生するメカニズムが大多数を占めています。
排水口から油分を流さないようにすることがムズカシイことですが使用した調理器具や食器の汚れをふき取ってから洗うなど油が排水管に流れないよう工夫をしても完全に防ぐことはできずに少量の油が流れてしまいます。
排水溝や排水ホースなどに流れて付着して冷えて固まることで汚れとなって蓄積されていきます。また、野菜くずや石鹸カスなども汚れとして付着し詰まりの原因となります。様々な原因によって対処方法が異なってきますし、排水管の詰まりを放置しておくと異臭やパイプの破損にもつながることがあるので早めに対策をするようにしてください。

集合住宅の排水トラブルを解決
集合住宅における排水トラブルを解決するためには、以下のような対策を検討することが重要です。

・定期的なメンテナンス: 集合住宅の排水管は複数の住戸からの排水を受けるため、詰まりや異物の堆積が起こりやすいです。定期的なメンテナンスを行い、排水管を清掃することで詰まりを予防することができます。業者による定期的な点検や高圧洗浄を検討しましょう。
・住人への啓発活動: 排水トラブルの多くは住人の不適切な使用やゴミの流し込みが原因です。集合住宅内での啓発活動やルールの周知徹底を行い、住人が適切な排水の方法を守るよう促しましょう。
・適切な排水設備の導入: 集合住宅では、排水設備の設計や改修にも注意が必要です。十分なサイズの排水管や適切なトラップの設置、グリーストラップの導入など、適切な設備を用いることでトラブルを防ぐことができます。
・緊急時の対応体制の確立: 万が一、排水トラブルが発生した場合には、迅速かつ適切な対応が求められます。管理組合や管理会社と連携し、緊急時の連絡先や対応体制を確立しておくことが重要です。

上記の対策を実施することで、集合住宅における排水トラブルを最小限に抑えることができます。ただし、重大なトラブルや専門的な修理作業に関しては、必ず専門の業者に依頼し、適切な対応を取るようにしましょう。

修理受付