予防することが大切です

JDF大阪ふくしま水道

パイプクリーナーについて

パイプクリーナーを選ぶ時は、いくつかの選定基準があります。つまりが起きている箇所によって効き目がかなり変わってきますので、用途に応じた詰まっている成分を溶かしてくれる物を選ぶことが重要となります。
どのようなことに気をつけて購入すればいいのか目安を記載しておきます。

【水酸化ナトリウムの濃度】
水酸化ナトリウムは、パイプクリーナーの主成分で、油の分解する効果が高い成分です。詰まりで一番原因となる油汚れを分解することが目的でしたら、水酸化ナトリウムの濃度が高いほど洗浄力が高いと言えます。
容器の裏面に記載されている成分表を確認し、水酸化ナトリウムの濃度が高いものを購入すると良いでしょう。
【次亜塩素酸ナトリウムの濃度】
次亜塩素酸ナトリウムは、パイプクリーナーの成分で水酸化ナトリウムの次に重要となる成分となります。
タンパク質を分解する効果があるので、詰まりの大きな原因である髪の毛を溶かすことができますので洗面台やお風呂場に適しています。殺菌効果も高いので雑菌対策にも効果があります。
【微生物配合のパイプクリーナー】
水酸化ナトリウムや次亜塩素酸ナトリウムが含まれていないタイプのパイプクリーナーも一般的に市販されています。微生物の力を使って排水管の掃除をするというタイプの洗浄剤です。
水酸化ナトリウムと次亜塩素酸ナトリウムは刺激性が高く、皮膚に付着すると荒れたりただれたりすることがあります。そのため、安全性の高いものを利用したいということであれば、微生物を使ったパイプクリーナーを使うことになりますが、しかし、油や髪の毛を分解する効果が弱いので詰まりの解消には、ほとんど適していませんのでヌメリ汚れや悪臭の予防する目的として使用する方がいいでしょう。
【粘度】
パイプ洗浄剤を購入する時に液体タイプのパイプクリーナーを選択する時には粘度がかなり重要となってきます。
粘度が低い洗浄剤でしたら排水管の内側に長く留まれずに流れていってしまいますので詰まっている原因の物を溶かす効果が極めて弱いと言えます。その反面、粘度が高いと長く留まるので、その分洗浄力が上がります。様々なケースで使い分けをしていかなければ効果が弱くなってしまいますので一般家庭でご使用されるのでありましたが粘度が高いものを選択すると良いと言えます。しかし雑居ビルなどの排水配管に使用する時には勾配不良や排水型のが非常に長いといったケースも多くこの場合には粘土の弱いものを選択して奥の方に長洲目的のために粘土が弱い洗浄剤を選ぶことも多くあります。
一般のご家庭では、Pa・s(パスカル秒)という単位で粘度が示されていることがありますので数値が高いほど粘度が高いため表示されている時は数値が高いものを選ぶようにしましょう。

パイプクリーナーを購入する時には、水酸化ナトリウムの濃度・次亜塩素酸ナトリウムの濃度・粘度などを比較して用途に合致したパイプクリーナーを選びと失敗することはないでしょう。しかしあくまでもパイプクリーナーは排水管の詰まりを除去するためのものではなく予防するものだということを念頭においておく必要があります。



基本的なご案内

出張対応地域紹介 堺市
吹田市 摂津市 箕面市 守口市 門真市
枚方市 寝屋川市 茨木市 豊中市 高槻市
緊急対応
岸和田市 松原市 大阪狭山市 高石市 四条畷市
和泉市 八尾市 池田市 大東市 交野市

電話無料相談

料金表

各種メーカー取扱い

修理受付