タンクに満水になってから洗浄水を流す

JDF大阪ふくしま水道

排水管のトラブルについて

トイレタンクと同様に排水管で詰まってしまうことが多くあります。一見したら一般的なトイレ詰まりだと感じてしまいますが、実は、排水経路に問題があって排水が流れなくなってしまうという事態に陥ってしまっていることが多くあります。
その奥が排水管に何らかの不具合が生じていて便器の排水が流れなくなってしまうということです。
排水管で詰まりが起きるほとんどの原因は流し過ぎか残存してしまった異物によるものです。日々の生活の中でトイレットペーパーも使いますし洗剤も使えますので、完全に調整していない状態で排出いを繰り返していると降下してしまって不具合を起こしてしまうということが多く見受けられます。
例えば、
●流し過ぎが原因
一度に大量のものを流すことによって詰まることがあります。トイレタンクの貯水量は排泄物とトイレットペーパーだけを流す水量を計算して製造されています。
そのため、排水管を通れる量には限界があるうえに曲線を描きながら進んでいくので限界量を超えて流してしまうと排水経路内で残存してしまう詰まりの原因になります。最近では節水型のトイレタンクも多く市販されていますのでつまりやすい傾向でもありますが一度に流すのではなく数回にわけて流すことでリスクを回避することもできます。
●異物が原因
便器から排水していいのは排泄物以外には基本的にトイレットペーパー以外のもの流すことは想定されて製造されていません。 流せるシートなど便座を掃除するペーパーやペットの糞を丸めて排水することを想定して製造されていません。
すなわち、流してはいけないものを流すことによって詰まってしまいます。
水に溶けにくいティッシュペーパー、おかずの残りなどの残飯、小さなお子様がいるご家庭ではおもちゃを流してしまうことがあります。
万が一にも便器に落としてしまった時には、排水する前に必ず取り出してください。排水口から流れていった場合には、排水口から手を入れて残存しているか確認をとります。見当たらない場合には、排水処理ラバーカップを使って取り出そうという事をすると逆に排水管に流れていき大掛かりな水道修理に発展することが多くあります。
ちょっとしたことで元気かな排水経路の奥(排水管)に流れてしまうことがありますので注意が必要となってきます。



基本的なご案内

出張対応地域紹介 堺市
枚方市 寝屋川市 茨木市 豊中市 高槻市
緊急対応
吹田市 摂津市 箕面市 守口市 門真市
和泉市 八尾市 池田市 大東市 交野市
電話無料相談に対応
岸和田市 松原市 大阪狭山市 高石市 四条畷市

電話無料相談

料金表

各種メーカー取扱い

修理受付