賃貸住宅と自己所有の違い

JDF大阪ふくしま水道

賃貸住宅で水トラブルが起きたら管理会社に連絡をする!

トイレで急に水漏れが起きてしまった場合は、どこから水漏れしてきているのか調べた上で自分で何とか修理できないか考えてしまうのではないでしょうか。
一言で水漏れと言ってもどこから水漏れがしているのか特定して不具合を起こしてしまった原因を調べて部品交換をしないといけないので日ごろからDIYなどをしていて要領をわかっている方であればまだいいかもしれません。
しかしそうでない人が大多数です。 また、賃貸住宅にお住いの場合には、自己修理すると家主さまからの費用負担がありませんので注意が必要です。
修理するための費用をかけたくないからと自分で対応をしてしまうと、間違った直し方をしてしまっては、もっと大変なことになってしまうかもしれません。

トイレタンクには、ゴムフロートなど劣化して水漏れを引き起こす部品もありパッキンなども多数あります。
トイレの部品は、簡単に壊れるものを使用しているわけではないのですが年数とともに劣化していきます。
それがパッキンです。このパッキンの劣化で不具合を起こしていたら交換したほうがいいですし放置していると水漏れがどんどんと悪化していきます。
パッキン場合には、何か変だと感じたらトラブルがなくても新品に交換することをオススメします。
すべてが同じように劣化するわけではなく、それなりにトイレを使用していて年数が経過していたら交換した方が良いでしょう。絶対といいませんが水トラブルが起きる前に交換しておいた方が良いケースもあります。
中でもフロートバルブは、ゴムの部分と鎖の部分が壊れやすく、点検していないと、ある日突然おかしくなってしまって機能しなくなってしまいます。
最近では材質も変わってきてプラスチックでできたものを使っている方もあるでしょう。
その時には、パッキンの交換をすれば新しく使用できますので、交換する場合は覚えておきましょう。
また、自力で交換ができるのであれば1,000円以下で部品が購入できますので試してみてはいかがでしょうか?
また、賃貸住宅にお住まいの場合ですと建物を管理する管理会社様に連絡するかもしくは家主さんに連絡することで無料で交換してもらえます。
ただし、契約書に書かれていることが最優先されますから問い合わせ見るだけなら無料です。
また、本来、賃貸で住まわれているのでしたら、建物内で不具合が起きた場合には、貸主側に費用負担をするのが一般的です。
しかし、故意に不具合を起こしてしまったりしたら自己負担になりますので注意が必要となります。



基本的なご案内

出張対応地域紹介 堺市
枚方市 寝屋川市 茨木市 豊中市 高槻市
緊急対応
吹田市 摂津市 箕面市 守口市 門真市
和泉市 八尾市 池田市 大東市 交野市
電話無料相談に対応
岸和田市 松原市 大阪狭山市 高石市 四条畷市

電話無料相談

料金表

各種メーカー取扱い

修理受付