便器の排水詰まり

JDF大阪ふくしま水道

異物が便器の排水口から流れてしまった時

何かの拍子に便器の排水口から異物が流れてしまった場合には、正しい手順で取り出さないと状態が悪化していくことがほとんどです。
もし便器の排水中に物を落としてしまったら、慌てずに排水忍足ラバーカップを使っての除去作業は当社としてお勧めしていません。状態悪化を防ぐために行う対処として、排水桝を遮り止水栓を閉める作業をしたほうが状態悪化を避けるためには良い対策のひとつとなっています。
給水を止めるためには、止水栓が元栓を閉店することが良いのですが、止水栓が設置されているのでありましたらこちらの方が良いでしょう。止水栓は、トイレの壁か床に設置されているのが一般的なので見つけられるでしょう。
しかし、排水桝はほとんどの場合、戸建てですと屋外にあり直径15cm位(大型の場合は、約30cm)のマンホールです。その内部を確認してみて流れてきていないかを確認してみるとよいでしょう。集合住宅の1Fに住んでいる場合には、排水桝のあるマンホールがわかりにくい場合もありますからトイレの壁を隔てた場所を探ってみてわからなければ業者にすぐに依頼することをオススメします。
もた、流れてしまった異物が発見できない場合には、すぐ水道業者に依頼をした方が無難です。
給水を止める理由として、排水をすることで異物が奥の流れて取り出しにくい場所に流れていかないようにする目的と何らかの手違いなどで便器に排水してしまわないようにするためです。止水栓は蛇口をひねれば簡単に閉められるタイプもありますが、中にはマイナスドライバーを使用しなければいけないタイプもあります。どちらのタイプであるのかも事前に確認しておくと万が一のときにも慌てず対処できやすくなります。
さて、便器の排水口から異物が流れてしまった時には、
ゴム手袋をはめて排水口から手を入れて残存していないかを確認します。確認することができたら取り出してください。発見できなかった場合には、すぐに業者に依頼する方が結果的に安価で解決することが比較的多いといえます。しかし、排水をしたりラバーカップを使って奥に流れてしまうと割高になってしまうことがほとんどです。
※ ラバーカップを使うとよいという見解もホームページ上で掲載されていますが当社としては、絶対にやってはいけない作業です。理由として、落下物によっては、便器のトラップを超えてしまったら、さらに奥に流れてしまう可能性があるからです。

ラバーカップを使わいで自分でどうしても解消したというときには、ほとんどのご家庭などで常備されてないと思われますが、真空ポンプクリーナーであればラバーカップのように押し込むという動作を行わないで、引き上げる動作だけで落下物を取り出すこができる可能性があります。この時に押し込む動作は、絶対にしないでください。※ 異物が排水経路の奥に押し込むから。
上記の事を総合で考えた場合には、排水口から手を入れて探っても見つからない場合はすぐに修理業者を手配することがいいのでわないでしょうか?



基本的なご案内

出張対応地域紹介 堺市
枚方市 寝屋川市 茨木市 豊中市 高槻市
緊急対応
吹田市 摂津市 箕面市 守口市 門真市
和泉市 八尾市 池田市 大東市 交野市
電話無料相談に対応
岸和田市 松原市 大阪狭山市 高石市 四条畷市

電話無料相談

料金表

各種メーカー取扱い

修理受付