詰まらせる前に便器内に捨てない!

JDF大阪ふくしま水道

トイレは、ゴミ箱ではない!

使用済みのおむつやペットシート、ティッシュペーパーなどは、トイレに捨てれば楽だと考える人は多いでしょう。それ以外には、お弁当の残りや野菜クズなどを排水してしまったという方もいらっしゃいますし、修理お伺いしたお客様では、おでんの大根やみかんなどを流してしまってトイレづまりを発生させてしまったという方もおられました。
家庭ゴミを減らすという目的があるわけですが、これは絶対に避ける必要があります。
本来のトイレというのは、トイレットペーパーと排泄物を流すことだけを目的に製造されています。
昨今では、流せる系のおしりふきやトイレクリーナー、お掃除シートなどが誕生しましたが、極論から行って便器から流すことをしない方がトイレつまりにもならないようにする日頃から気をつけておけば絶対に流さないほうがいいということが分かると思われます。
トイレに何かを流す以上、詰まる確率はゼロではないのですが、例え、それがトイレットペーパーであっても詰まるときには詰まってしまいます。
便器内に大量のトイレットペーパーがあるときは、水が流れにくくなることが必然的でもあり自然の原理で細い管で同じようなことをしたら詰まってしまうということが容易にわかるのではないでしょうか。
特に排泄物の量が多いときに、ペーパーを多く使用すると詰まる確率が高くなる傾向があります。
日頃から気をつけておけば水トラブルを未然に防ぐこともできますのでこのようなことは避けたら家のではないでしょうか。



基本的なご案内

出張対応地域紹介 堺市
枚方市 寝屋川市 茨木市 豊中市 高槻市
吹田市 摂津市 箕面市 守口市 門真市
緊急対応
和泉市 八尾市 池田市 大東市 交野市
岸和田市 松原市 大阪狭山市 高石市 四条畷市

電話無料相談

料金表

各種メーカー取扱い

修理受付