効能が異なるので用途で使い分ける

JDF大阪ふくしま水道

アルコールと次亜塩素酸ナトリウム溶液を比較してみた

以下の消毒液の特徴を比較してみました。
以下の2つの消毒液の特徴を比較してみてください。

【アルコール】
消毒用アルコールは、エタノールという種類のアルコールが80%程度の割合で含まれているものを選びましょう。エタノールは飲料にも含まれているアルコールですから、比較的安全性の高い種類と言えるでしょう。
新型コロナウイルスに対しての消毒効果は、非常に高いと考えられています。
一般的には、手や指の消毒に適していますが、ドアノブ・机・椅子・スマートフォン・布類など幅広い素材を消毒することが可能となっています。揮発性が高いものなので手や物に使用してもすぐに乾いて消毒後の手触りなども気になりません。
しかし、揮発性が高いのでプラスチックなどの樹脂・ワックス・ゴム・革などに使用すると変色や変形を起こしてしまう可能性がありますので注意が必要になってきます。
【次亜塩素酸ナトリウム溶液】
次亜塩素酸ナトリウムとは、ハイターなどの塩素系漂白剤に含まれている成分です。比較的洗浄力が強いので消毒と漂白の効果があり新型コロナウイルス感染症にもにも効果的です。
塩素系漂白剤を水で薄めて作ることもできますのでアルコールよりも安価で大量に作れることもできます。
しかし、刺激が強いことと揮発性が少なく消毒後に残ってしまうことから、手や指の消毒には不向きでかなり強い酸化作用と漂白作用があるので金属や布に使用すると変色してしまうこともありますから出来る限り使用しない方がいいでしょう。

使用用途によって区別して使うのが最も効率が良く用途別で使用することを考えてご使用ください。



基本的なご案内

柏市 野田市 習志野市 船橋市 市川市
成田市 白井市 我孫子市 市原市 流山市
千葉県内エリア紹介
松戸市 印西市 香取市 佐倉市 八千代市
鎌ヶ谷市 四街道市 浦安市 千葉市

電話無料相談

料金表

各種メーカー取扱い

修理受付