原因と対処法

便器の詰まり原因と対処法

自力を過信しすぎて水道修理にチャレンジして簡単な詰まり抜き修理にとどまらず、排水溝や排水管も悪影響を及ぼす水道トラブルに発展するケースが多く起きています。

プロの水道屋や水道業者に水道修理の依頼する方がかえって安上がりです。無理をしてずっと使っていると詰まりが悪化した状態になって、トイレの便器から溢れ出た宅内が浸水することも想定されます。ためらわずにトイレ修理の水道屋に相談してください。
部品交換を行って水漏れの修理を行うよりも、トラブルのあるトイレそのものを交換するほうが部品を探す作業がなく部品の入手費用と修理代金によって別のトイレを購入可能だった、なんてこともまれにあるのです。

結論を出すのは容易じゃないけれど、トラブルの状態や年数が古くなったトイレやトイレによっては、ダメになっている場所だけを修理してもらうよりも、台所やお風呂場の蛇口やトイレ本体を思い切って交換したほうがリーズナブルなケースだって多いのです。
毎日の生活で必要なトイレ。だから使い続けたためあちこち傷んできた時には、今回は修理を頼まずに、潔く新品にして、気分一新というのも考えどころですしオススメでもあります。一般家庭のトイレに当たり前のものとなった快適なウォシュレット。設定されている割合が70%以上のお宅で便利な洗浄便座式のトイレを設置し利用しているという調査結果もあります。
水漏れや故障が起きるなどのトラブルも増加傾向にあります。大部分の事案で、トイレ専門の修理業者に頼まなければどうにもならないことですから、マンションなどの賃貸の方は不動産管理会社へ、持ち家のケースでは自分で専門業者を呼んで、なるべく早期に解決するのが一番です。

ご家庭でもしトイレタンクが原因の水漏れに気がついたら、止水栓をひねるなどの取り敢えずの対応を行ってから、とにかく急いで修理専門の水道業者の力を借りるのが無難です。
10年程度使用している台所・風呂場・洗面所の蛇口やトイレタンク内部からの水漏れ、便器の詰まりのトラブルを起こした際、丁寧に修理していただいても少し経つとそこからの水漏れが繰り返し発生してしまうことが多いのです。トイレそのものの許容年数(寿命)に達しているケースもあるので、細目に部品交換しの修理をするよりかトイレ本体の交換をするのも一考ではないでしょうか。

不安なのは、水道を修理してもらうための修理価格。故障した水道の修理工事を自分一人でやったときと、プロの水道業者にやってもらった時の水道の修理作業の料金を比べると、いくらぐらい違いが出るのでしょうか。

トイレの水漏れに関しては、色々な原因が潜んでいます。もちろん、自分で解消できることもあります。だけどあれこれさわってしまって一層悪い状態になるなんてケースも多いので気をつけましょう。
予告なしに起きてしまう蛇口やトイレからの水漏れなんかのトラブルというのは、少しの内部の調整あるいは壊れた箇所の部品の交換をすることで自力で修理可能な場合も多いのです。素人判断で強引に水道修理を行って、蛇口やトイレ本体を利用できなくしてしまう恐れもありますから必要な知識がある方以外は、水道業者か水道屋に修理を頼むのが賢明です。

一日も欠かさず、すごい量の水を使わなければいけないトイレでひとたび水漏れが発生なんてときには、溢れた水が床や外にしみて、下の階の部屋にも甚大な被害を与えたり、困ったことにトイレが使用不可能になることも少なくありません。


北摂担当スタッフの日々の活動記録
伊丹市で植物の根でキッチンシンクが詰まりを起こしてた
===========================
尼崎市からトイレ詰まりに料金問合せと修理対応
===========================
羽曳野市でこびりついた排水管の汚れの詰まり修理
===========================
西宮市で異物がシンクや排水管で詰まりを起こしてた修理
===========================
宝塚市で排水詰まりの原因がわかった修理
===========================
東大阪で油が硬化してシンクや排水管を詰まらせた
===========================



大阪受付総合案内