原因と対処法

便器の詰まり原因と対処法

水回りのトラブルでいちばん困るのが便器の詰まりではないでしょうか。便器に詰まりが起きてしまうと生活に大きな支障が出てしまうため、早めに対処をしなければいけません。トイレのつまりの原因として多いのが、トイレットペーパー以外のものをトイレに流してしまうことです。特にトイレットペーパーの代わりにティッシュペーパーを使って、そのまま流してしまったり、おむつや生理用品などを流してしまうと、水に溶けることができずに詰まりを起こしてしまいます。

水位が通常よりも高かったり、水を流すと異音がする時、タンクから流れる水が少ない時には、詰まりが起きている可能性が高いのです。
便器修理の方法と対策として、まずはラバーカップを使って詰まりを解消してみましょう。水を流して水位が下がった時に、ラバーカップをトイレ内に押し付けて水を吸い出します。詰まりが浅い時には、何度かラバーカップで吸い出すことで解消することができます。それでも解消されない時には、ワイヤーブラシを使って、トイレの奥の方まで差し入れて、異物を取り除きましょう。力を入れすぎてしまうと排水管を傷つけることがあるので、注意しましょう。
排水管に問題がある場合や、何度も異物を流していて詰まりがひどい場合には、自分で対処することができないことがあります。そのまま放置してしまうと他の水回りにも影響が出ることがあるので、専門の水道修理業者に依頼するようにするといいでしょう。


当社では、電話無料相談も実施しております。モズ回りトラブルがいつ発生するか予測もできません。急な水まわりトラブルで困った時に水まわりトラブルの専門家がお電話で可能な限りお客様(同業者除く)のお力になれればと考えで期限設定なく実施しておりますので何か有ればお問い合わせください。

夜営業をされている飲食店様のつまり抜き修理もお受けできます。グリストラップや排水管のトラブルなどご遠慮なくご連絡下さい。


Japan Departure in the Fields
大阪市 高槻市 寝屋川市 豊中市 枚方市
吹田市 堺市 箕面市 岸和田市 門真市
交野市 守口市 八尾市 茨木市 摂津市

大阪受付総合案内