1. ホーム
  2. 最新情報

東電賠償学習会

最新情報

障がい者のためのわかりやすい東電賠償学習会

【日時】
2012年1月29日(日)
午後1時〜3時(開場 12時30分)

【場所】
ホテルハマツ 福寿の間(2F)

【参加費】
 無料

【主催】
日本障害フォーラム(JDF),日本弁護士連合会,福島県弁護士会

【後援】
福島県,福島県社会福祉協議会,福島民友新聞社,福島民報社

※原則事前申し込みが必要です。
※手話通訳、点訳及び要約筆記を御用意する予定です。
JDF被災地障がい者支援センターふくしま(※)

皆さんの抱えている原発事故の問題、悩みなど、具体的事例について弁護士から分かりやすく説明する学習会です

学習会について

○原発事故損害賠償ってどういうこと?
○原発事故で私はこんな苦痛を受けたけど賠償してもらえるのかな?
○原発事故で避難したけどその費用は賠償してもらえるのかな?
○障がいによって受けた被害も違うと思うけど賠償されるのかな?


※御提供いただいた個人情報は、JDF被災地障がい者支援センターふくしまにおいて、厳重に管理いたします。また、この個人情報に基づき、学習会等のイベントの開催案内、その他日本障害フォーラムが有益であると判断する情報を御案内させていただくことがあります。なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。


※本学習会の内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日本障害フォーラムの会員向けの書籍のほか、日本障害フォーラムのホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。

プログラム(予定)

原発事故に関する東電に対する損害賠償請求について、以下の説明、解説等を行う予定です。

  1. 請求できる損害の考え方
    (要援護者特有の損害、例えば、避難に伴う障がいの悪化や支援の必要量の増加など)
  2. 具体的な請求方法
  3. 争う場合の解決の仕組み
  4. 家族や福祉関係者として出来ること、御本人でないと出来ないこと

【講師】
槇 裕康 (弁護士)
藤岡 毅 (弁護士)

JDF被災地障がい者支援センターふくしま 構成団体

福島県自立生活センター協議会/福島県知的障がい者施設協会/福島県就業支援ネットワーク/全国手話通訳問題研究会福島支部 /福島県言語聴覚士会/福島県中途失聴・難聴者協会/福島県聴覚障がい者協会/福島県盲人協会/全国障害者問題研究会福島支部 /福島県全身性障碍者等連絡会/福島県身体障がい者福祉協会/福島県精神保健福祉会連合会/福島県手をつなぐ親の会連合会 /日本ALS協会福島県支部/(社)日本筋ジストロフィー協会福島県支部/全国パーキンソン病友の会福島県支部 /福島県作業所事業所連絡協議会/福島県相談指定事業所(福島県相談支援専門委員協会)/福島県自閉症協会/ /日本ダウン症協会福島支部/福島県重症心身障害児者を守る会/きょうされん福島支部


お問い合せ

委託事業所 NPO法人あいえるの会                 
JDF被災地障がい者支援センターふくしま内
福島県相談支援充実・強化事業

【担当】
宇田、橋本

【電話番号】
024-925-2428

【FAX番号】
024-925-2429

【会場案内】
ホテルハマツ
※地図(他サイトへのリンク)
http://www.hotel-hamatsu.co.jp/access/
〒963-8578 福島県郡山市虎丸町3番18号
電話番号 024-935-1111(代)

このページの先頭へ

JDF(日本障害フォーラム)被災地障がい者支援センターふくしま
住所:〒963-8025 福島県郡山市桑野1丁目5-17深谷ビルB棟101号
TEL:024-925-2428 FAX:024-925-2429 MAIL:お問い合わせフォームをご利用下さい。